top of page

LadyCのお庭に住む花婦人達はとってもおしゃべりで噂話が大好き。

ニーナとジーナと暮らすコマドリ達や、お庭に来る虫達を相手にレディーCのお庭でできたほとんどの事柄をお話しすることを何よりも楽しみにしています。

 

ポピー婦人は元気いっぱいでお庭の婦人達の中でも特におしゃべり好き。

一度捕まったらパパサンシャインがミセスムーンライトと交代する夕方の時間まで帰してくれません。でも心優しいポピー婦人は絶対に人の悪口を言ったりしないので、皆諦めて彼女の話に最後まで付き合うのですが、話が終わると皆楽しい気分になってその晩は良い夢を見られるとの噂があります。

 

レディーCのどの季節の草花達と組み合わせても相性が良く、サイズも小回りがきくちょうど良い大きさとなっています。

 

この作品はありさ&あかめがねウェブショップ本店と直営イベントのみの限定販売品となります。

 

The flower ladies who live in LadyC's garden are very chatty. 

They are very close with robins who lives with Nina and Gina, and the insects that visit the garden. They loves to talk about everything that happened in the Garden and the city. 

 

Madame Poppy is full of energy and is the most talkative of all the ladies in the garden.

Once she starts talking, she would not let you go until the sunset. But the kind-hearted Lady Poppy would never speak  bad things about anyone, so people usually give up and follows her story to the end. Once the story is over, they usually all feels happy and would have good dreams that night. 

 

She goes well with Lady C flowers in any season, but especially "Autumn".

 

ポピー婦人/Madam Poppy

縦2.4cm×横1.7cm×高1.7cm

 

ポピー婦人/Madam Poppy

¥1,000価格
  • Material: Wood handle, Rubber stamp

bottom of page